廃車の手続きには3つの種類がある

車を廃車にすると一言で言っても廃車には主に3つの種類があります。実はどの種類の廃車の手続きをするかによって必要になってくる廃車の書類も変わってきます。ここではその3つの廃車の種類について説明していこうと思います。まずは永久抹消という廃車の手続きについてです。この永久抹消という廃車の手続きは、既に廃車にしようとしている車を解体してあったり、事故や災害等で車を動かすことができない状態にある時にする廃車の手続きです。次に一時抹消登録というものがあります。これは一体どういうケースでする廃車の手続きなのかというと、読んで字のごとく一時的に車の使用を停止する時にする廃車の手続きで、例えば長期で海外に出張や旅行をする時、引っ越しや入院をする際などにこの廃車の手続きを行います。そもそも何でこんなことをする必要があるのかというと、長期間車を使用しないけど、その後また車を利用することになると思うから廃車にはしない、などという理由で一時抹消の登録をしていないと、その間も自動車税を問答無用で徴収されてしまうからなんです。車には全然乗っていないのに、税金だけはドンドン取られてしまうなんてこれほど馬鹿げたことはありません。最後は解体届出と呼ばれる廃車の手続きです。これはどういうものなのかというと、一時抹消登録を既にしてある車を解体する場合にする廃車の手続きです。またそれぞれの廃車には、廃車の種類によってそれぞれ必要になってくる書類の種類が変わってきますし、さらにその廃車を業者にやってもらうか、ユーザー自らがやろうとするかによっても必要となる書類の種類や数が変わってくるので注意が必要です。車 売る一括査定サイト